フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 足立区カサブランカ | トップページ | 去年のハロウィン今年のハロウィン »

2016年10月27日 (木)

足に優しい地面

Pa270297

チエ ゲバラは革命に自分を投入する前の短い間、社会主義国時代のプラハに潜伏していた。そのことは記録にあるのだがその場所が特定できない。 以前プラハでゲバラが住んでいた場所が特定できないかと調べてもらおうと依頼したのだが、プラハの知識人の彼らにしてみると社会主義国の体側の人間など最初から相手にしていないようなところがある。だから私の依頼はそのままになってしまった。 ゲバラの日記によるとそれは一部屋しかないプラハの狭いアパートで週末には郊外に出かけてそこにある山荘で過ごしたそうである。 まことにブルジョワジーのようであるがこれはオーストリアハンガリー帝国の市民が昔からやっていた普通の生活様式なのだ。 プラハの六区のアトリエに住む前に私も宿なしで行帰りバスを乗り継いでプラハのボヘミアの森の中の田舎家に住んだことがあった。 だからプラハの都心に向かうターミナルなどで詳しく観察してみるとそういう人は靴の裏ににボヘミアの大地の泥をつけている。 これは田舎者が来たと言う感じではない。 全くその逆で優雅なカントリーから来た優越した人と言う感じがする。 私もプラハで暮らした30年近くの間アトリエから最寄りの地下鉄の終点に行くまでにわざと泥の道の上を歩いた。たかだか数百メートルの小さな広場なのであるが、そこはボヘミアの大地が露出しているのだ。 土の上を歩くと言う事をジョナスメカスも彼の日記で書いているが、プラハは全部が石畳の道だから歩行しているとこれが頭に響くのである。 だから私が30年近く歩いたプラハでの何百キロにも歩行のほとんどは石畳の上で頭をガンガンと刺激されていたわけだ。 アトリエからメトロの駅に行くまでの10分ほどの歩行が大地の感触を教えてくれたことになる。 そのプラハのアトリエと別れてもう数年になるが、今の佃の住まいからメトロの駅に行くまでにつくだ神社住吉様の境内の25メーターほど、つまり土の上を歩くことができるのだ。 自他共に許すシティーボーイのくせにこの短い区間の土の上の歩行、実際は佃島だから砂の上の方向であるのだがそれを楽しんでいる。 70年代終わりにレヴィストロースが佃島にやってきて住吉様の石灯籠の前で撮影した記念写真が残っている。レヴィストロースにとってここは南アメリカなどよりはるかにエキゾチックな場所であったのだろう。 彼はここに住みたいと漏らしたそうだ。

« 足立区カサブランカ | トップページ | 去年のハロウィン今年のハロウィン »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30