フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

ロック ユー

« 去年のハロウィン今年のハロウィン | トップページ | ギャラリーバウハウスのプラハを旅する1 »

2016年10月29日 (土)

古いレイバンを直す

Image

いつも使っているものが壊れると言うのは連続的に起こるもののようである。

10月25日はハッセルブラッドをギャラリーバウハウスの床に落下させた。その日の午前中に足立区を撮影中にいつも使っているレイバンのサングラスのガラスが落下したのである。その2ー 3日前にはもう一つのほうのレイバンのサングラスのツルのネジが抜けてしまってバラバラになった。

要するに日常のメンテナンスが悪いからそういう時にいっきょに不具合が噴出するわけである。

目を酷使して半世紀になるので普段は目を保護するために黒眼鏡をかけている。
10月26日は快晴の日である。

それでその前の日に撮影に行った足立区の足立1丁目15番地に快晴の日でまた撮影に行った。

その前に有楽町のビックカメラにレイバンを2つ持っていった。果たしてすぐに修理ができるのかと思ったが、私の前に私より一回り位の先輩のおじいさんが補聴器について店員さんに話をしている。

これが終わりそうで終わらないのでじっくりそのおじいさんの話を聞いた。将来的も補聴器のブランドに凝ったりするようになるであろうから注意深く補聴器の選び方などを聞いた。

その後に私の番になってメガネがバラバラになったと言ったら、すぐ親切な店員さんがドライバーで直してくれた。これが奇跡であって1ミリ位のネジをメガネのツルにねじ込むのが私にはなかなかできないのである。写真家の目の能力と言うのは実用とはかけ離れたところにあるので細かい作業はできない。

それで持参したレイバンのサングラスを2つとも完璧な状態にしてもらって撮影に行った。代金はサービスですと言うことなので、ギャラリーバウハウスの案内状をお礼に差し上げた。眼鏡売り場の人がギャラリーバウハウス行くのはそれなりに職業的に意味があると思う。

« 去年のハロウィン今年のハロウィン | トップページ | ギャラリーバウハウスのプラハを旅する1 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31