フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

« ギャラリーバウハウスのプラハを旅する1 | トップページ | ダリ的分解 »

2016年10月31日 (月)

IMAIcollectionには何万台のカメラがあるのか?

Image
私はカメラ関係の本をたくさん出しているのでよく読者の方から一体何1,000台のカメラを持っているのですかと聞かれることがある。
答えはいつも決まっていて3,000台ですと言うことにしている。
これはたくさんあるので数えたことがないと言う意味であって実際に3,000台をカウントしたという意味ではない。

10年ほど前だがモノマガジンで私の持っているカメラを全部紹介しようと言う企画があった。
1,000ページの本を計画したが実際にそこに登場しているのは360台位である。その360台のカメラを部屋から取り除けたら別にカメラの量が減ったと言う感じがしなかった。だからこれは統計学的な予想であってその10倍はあろうと踏んだのである。
そうすると私のカメラは3,000台よりちょっと上ということになる。

今井コレクションの場合、最初にコレクションを日本カメラ博物館の市川さんと一緒に拝見した時、市川さんはたくさんのカメラを見るのがご専門であるが、さすがにうなった。

コレクションは2階から4階まで3つのフロアにウィンドウにぎっしりと詰まっている。
それをいちいちカウンターで数えるのは大変なので市川さんがやったカウントというのは1つのウィンドウの1つのフレームを数えてそれを全部のウィンドウの倍数をかけるのである。

その計算で得た数値は市川さんの言によればおそらく50台位の誤差ではないかと言うお話であった。なるほど頭が良いなと感心した。
6年以上前の話なんでその数はもう記憶していないが今度市川さんにお目にかかったときに聞いてみようと思う。

だから今井コレクションの数は今の私の記憶では数え切れない位たくさんと申し上げる以外には無いのである。
これはニコンコーナーのほんの1部である。拡大していただければわかるがレアモデルがたくさんある。ただしこのコーナーはニコンの一眼レフとモータードライブ交換レンズのコレクションの1部であってその隣のウィンドウはレンジファインダーのセクションである。

昔のウエッツラーのライカツリーを何度も取材したことがあるが、間違いなく今井コレクションの方がライカの数は多いであろう。
ニコンはどうか知らないが品川のニコンミュージアムのコレクションにカメラの数は匹敵するような気がする。

« ギャラリーバウハウスのプラハを旅する1 | トップページ | ダリ的分解 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596219/64418988

この記事へのトラックバック一覧です: IMAIcollectionには何万台のカメラがあるのか?:

« ギャラリーバウハウスのプラハを旅する1 | トップページ | ダリ的分解 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30