フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 9/23下赤塚 ギャラリーバウハウス 大林 | トップページ | ニッポンのレクタフレックス »

2016年9月25日 (日)

ワインレッドのペトリ

Image

ペトリの一眼レフにワインレッドのスエードを貼ったものがこれである。もちろんこれはオリジナルではなくて誰か手先の器用な人が作ったのだ。

オリジナルの赤い革張りのカメラと言えばスイスのアルパがある。これは高級カメラだが仕上げが良すぎてちゃんとしたオリジナルにもかかわらず何か偽物っぽく見えるのはへんだ。

それに対してこのペトリのワインレッドの一眼レフは本物ではないが、存在感が非常に自然であると思う。

スウェードなので手によく馴染む。
知り合いの一級建築士が以前、スエードライカM2というハンドル名を名乗っていた。彼のライカは見たことがないがおそらくスエードが貼ってあるのだろう。
グッタペルカの革張りも悪くないが、ソフトなスエード貼りのカメラと言うのは手に対するときの感覚がかなり違ってくるのが面白い。

赤いカメラと言うと例えば赤瀬川原平さんが活動していた時期のハイレッドセンター等を思い出す。これは赤旗の赤である。だからワインレッドとはかなりその思想が違う。赤旗と言うと何か物騒な革命的な感じになるのであるが、ワインレッドは色相がちょっと変わっただけで大人の雰囲気と言うのも変だが、ゆったりした印象になるのが面白い。
それは撮影のときの気分をちょっとだけ和らげてくれるので、とても良いことだと思っている。

任意団体のニッポンペトリ党だと日の丸至上主義の右翼集団のように勘違いされてしまう。
しかし私が目指しているのは赤ワインをちょっと飲んでほろほろと歩くプラハの街角と言うのが本来の撮影の楽しみなのである。

アイランドギャラリーのプラハ展示もおかげさまで本日千秋楽。
感謝!

« 9/23下赤塚 ギャラリーバウハウス 大林 | トップページ | ニッポンのレクタフレックス »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31