フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

« 東京都北区十条仲原3丁目4番地 | トップページ | 夏草やツワモノどもが、、、、、 »

2016年9月29日 (木)

秋を追っていかばや末は小松川

Image

ペンタックスM42期同窓会というのが設立された。Facebookの仲良しクラブなのでどんな変わった同好会でも1分で設立ができる。便利なものだ。

せっかく設立されたので何か役に立たないことをしようと思った。
ペンタックスのカメラにイエナの50ミリのテッサーをつけた。
1,950年頃のレンズである。

家の前からやってきた亀戸行きの都バスに飛び乗った。
東京スカイツリーを経由して亀戸に到着した。

そこをウロウロして今度は亀戸駅から上野公園行きのバスに乗った。この路線は今回初めて乗ったのだが上野桜木から谷中を経由して池之端に出るのである。それが面白い。

吉村朗がまだ元気だった頃に、上野桜木に良いおでん屋があるから行こうと誘われたことがある。
その吉村は昇天してしまって上野桜木のバス停の近くにそのおでん屋はまだ存在した。ただし営業しているかどうかは不明だ。

池之端7軒町のあたりにあった超高層タワーのホテルコジマと言うこれは有名建築家が設計したホテルであった。そこにも行こうと思っていたのにもう取り壊されて別のマンションが立っている。

上野公園から亀戸行きのバスで亀戸にいったん戻った。
夕暮れの亀戸駅に降り立ったら目の前に一之江経由の今井行きのバスが今発車しようとしているのでそれに飛び乗った。

1,980年頃ウイーンから戻って東京をうろうろしていた。
この新中川のはずれの今井のバスの終点にきて感激したことがあった。何か新劇の舞台のような感じがそこにあったのだ。

しかし今回見たら終点のバス停留所は都営住宅の1階にこじんまりと作られていて何の風情もなかった。それでそのまま戻りのバスに乗って亀戸まで行き、さらにそこから豊海水産埠頭行きのバスに乗って佃島に戻った。
芭蕉が憧れていた秋の小松川と言うのは一体どこあたりなのであろう。
江戸川の向こうの辺り一面が全部小松川なのである。

撮影二本。

« 東京都北区十条仲原3丁目4番地 | トップページ | 夏草やツワモノどもが、、、、、 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30