フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 緑陰のロード | トップページ | マンハッタン2011年3月14日曇り »

2016年8月14日 (日)

カメラ小物入れの使い方

Image_2

四谷の荒木町のアローカメラ我楽多屋さんには第4土曜日にシドニーという通称カメラ寄席をやっているので月1には必ず行くことにしている。毎回面白い掘り出し物があるのだが、何もない時はこういったカメラの小物入れを買う。500円位だ。

最初にこれを買ったのはいわゆる手元に適当なストラップがないのでカメラストラップの代用にするつもりであった。カメラの本体にはリングをつけておいてストラップを交換すれば理論的には効率が良いわけだ。
そうやってこの10年近く撮影を続けてきた。というのも私は常にストラップ日照りであってまともなストラップを持っていないのである。
10年以上前に大昔のライツのストラップをアクセサリーメーカーに復刻してもらった。その時はギャラは要らないと言ってそのかわりにそのストラップを50本ぐらいもらったのである。それをなくしたわけではないが人にあげたりしてるうちについに手持ちは1本だけになってしまった。元の木阿弥である。

昨年の秋に6 × 9センチのスパーイコン他を手に入れた。その戦前モデルのオリジナルの皮ケースはケースの上に短いハンドストラップが付いているのである。これが意外と取り回しが良い。それでこのストラップはカメラの小物入れに短いのと長いのが2つ付いている。以前は長い方をつけただけであったが短いのもつけると持ち歩くときに非常に具合がよろしい。

このカメラの小物入れは他にも使い道がある。
何の事は無い、本来の小物入れとして使うのだ。
いつも出かけるときにあちこち携帯品を探し出すのが大変であった。アイフォン、キャッシュ、カード、家の鍵、保険証、目薬、等々である。それにサングラスも加わる。
以前はそれを部屋のあちこちで探すのはまず大変でそれだけで疲れてしまった。思いついて小物入れに全部を格納した。当たり前の事なのであろうが私にはそれが理解できなかった。その小物入れを一回り大きな黒いバックに入れるのである。落下したら困るから小物入れは外側のバックにストラップで繋いでやる。

近所にビールを買いに行く時などはその小物入れだけを黒いバッグから外して斜め掛けして買い物に行く。
これで私の老人生活は少しは機能的になった。

« 緑陰のロード | トップページ | マンハッタン2011年3月14日曇り »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31