フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

« 花は一輪 | トップページ | ハッピーキッチン »

2016年8月27日 (土)

偽ゴープロを手に入れた

Image_2
ゴープロと言う小さなカメラの普及しているという事は知っていた。
私の周りでこれを最初に使い出したのはマンハッタンの舟原長生さんだと思う。

アマゾンで32gbのマイクロエスディーカードとカードリーダーを買った。そしたら中国製のゴープロもどきなアマゾンのトップに広告されていた。特別プライスがある。値段は3,500円のカードリーダー、カードの値段とほぼ同じである。

それで注文したら翌日の午前中にはアマゾンから送られてきた。こういうプロ用の特殊な目的の機材が考えられないような値段で売られているというのは価格破壊である。
実にありがたいことだ。

カメラはは到着したが同時に注文したマイクロエスディーカードは下のポストの投函になってしまうので下まで行くのがめんどくさい。
ダークルーム作業が押上のアウラ舎てあったのでちょっとそちらにつかまっていた。それで郵便ポストからメモリを取り出したのはその2日後であった。

バイシクルにつけたりヘルメットにつけたりいろいろな使い方ができる部品が20個ぐらいも付いている。これでパッケージのキットが3,300円というのがまず信じられない。

フィルムカメラ時代のアクションカメラで1番使われたのはアメリカが空中戦の記録に使っていたときの偵察カメラ🌟GSAPである。これは50フィートのマガジンが簡単に装填できるものであるが、撮影時間は1分ぐらいしかない。それをヘルメットにつけてパラシュートで降下したりなどしていたのだ。
しかし撮影時間が短いからなかなかシャッターチャンスが難しかったと思う。

早速テストしてみたらよく映る。これなら普通のデジタルビデオカメラは必要ないと思った。こういう価格のカメラがどんどん出てくるから価格破壊でカメラ産業はどんどん大波にやられてしまうわけだ。

1,980年代にwinで世紀末建築を撮影しているときに、NHKのハイビジョンカメラというのが取材に来ていた。冷凍車位の大きな車があってそこからケーブルを引っ張り出してそのケーブルについているのはハイビジョンカメラである。

だから車からケーブル全部でないと撮影ができない。
大変な進化というほかはない。

ただし、私の場合同時に80年前のライカで撮影をしているわけだか5、これは何と言うのか文武両道ではなくて、デジアナ両道ですね。

とりあえず9月にはアイランドギャラリーでのプラハのトークショー二度やるのでこれで収録をしてみようと思う。というのもやっつけの思いつきでトークをやっているのでその時に結構人の悪口とか面白い話をしているのである。
この偽ゴープロが私のトークをサポートしてくれるであろう。

« 花は一輪 | トップページ | ハッピーキッチン »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30