フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

ロック ユー

« 札幌今井コレクションのピッケル | トップページ | さらば青い上着の人 »

2016年7月 3日 (日)

中島公園の夕暮れにマーラーの五番

Image


札幌の中島公園に面したパークホテルで仕事をやっていて原稿書きにも飽きた。
この界隈のホテルとまらないとなかなか中島公園を散歩する機会は無いのだ。実に3年ぶりである。

晴れた日の静かなゆうぐれである。光が暮れ残っているのが実にヨーロッパの光景だ。
中島公園の作りはイングリッシュガーデンであろう。だから広さはそんなにないのに結構長い距離を歩いたような錯覚がもたらされるのが散策には良い。
何かウイーンのシュタットパークを歩いているような気になって、いやシュタットパークよりこちらの方が公園の作りはうまくできていると考えた。シュタットパークの場合は売り物がヨハンストラウスがあるから最初からぶち壊してある。

公園を南に歩行すると右手に、天文台のドームが見えるところも非常に良い。公園と、ドームと言うのは素敵な組み合わせであるがそれは19世紀的なのである。

公園の中にあるガラスばりのコンサートホールはデザインは感心しないが今回初めて中に入ってみた。7時の開演前なので中庭には数人の人がテラスでくつろいでいる。

いきなりマーラーの5番がという声が電波のように伝わってきた。見ると品の良い紳士が8分の1リッターの赤ワインを前に連れと話をしているのだ。聞こえたのはマーラーの五番という言葉だけである。それでますますウイーンにいるような気になって私もBARに行って8分の1リッターの赤ワインのグラスを持ってきた。

7時になるとコンサートの開演であろうかくだんの紳士は姿を消した。別にその晩の演奏曲目がマーラー必要は全然ない。

札幌は文化都市で素敵だなと思うのはマーラーの五番などをYouTubeで見るのではなく、ちゃんと公園の中を歩いてコンサートホールで聞くということである。
これはなかなか真似できない文化的アクションだ。
Image_3


« 札幌今井コレクションのピッケル | トップページ | さらば青い上着の人 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31