フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

ロック ユー

« お知らせ | トップページ | プラクチカよりプラクチナ »

2016年7月25日 (月)

寓話としての小公園

Image_8

私には公園に関する趣味がある。整備された公園ではなく荒れ果てた庭が好きなのだ。
イタリアのボルケーノの庭などが最も好む者であるが、winのシーエンブルン宮殿などはわざと破壊されたローマ時代の庭園が広大な庭の1部に作ってある。
それはローマ時代の遺跡が時の流れで完全に破壊されたと言う設定の1種のフェイク、フェイントのテーマパークなのである。

佃から歩いてすぐの相生橋のそばの堤防の裏側にそういう感じの良い公園があった。
これはもちろん最初から廃れた庭園と言う設定にしたのではなくて手を入れていないので自然に古い庭になってしまったのである。

それが好きだった。わざわざイタリアに廃園を見に行く必要がなくて徒歩5分のところにそういう庭があるのだ。

しかし東京都中央区としては面白くないようでこの古い庭に費用を投入して最新の庭にしてしまった。そうなると結果としてお母さんと子供たちばかりがやってくるようになって、あたしのような不健康な風景を好むジジイは行くことができなくなる。

この間天気の非常に悪い日にその公園に行った。
天気が悪いから普通の人は誰も来ていない。それで久しぶりにその公園の細かい様子を見渡すと、こーゆーうさぎの遊具がある。

その先は樹木があってさらにその先には堤防があって視線はそこで区切られている。その全体の構図を見渡すと何かプリミテイブなフォルクローレの絵画のように見えるのが非常に奇妙であった。

別にイソップ物語のウサギとカメの競争を言うのではない。でもここにはなんというかちょっと想像できないような寓話的な絵の構図が広がっていてそれは拾いものであった。

撮影は型遅れのiPhone。

« お知らせ | トップページ | プラクチカよりプラクチナ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31