フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 不機嫌なオナガドリ | トップページ | 戦前のレンズがいいなどという戯言 »

2016年6月24日 (金)

ミロスラフ・クベシュ 哲学者の網膜 ギャラリーバウハウスの「プラハ年」

Image


Image_2


ミロスラフ・クベシュ写真展がギャラリーバウハウスで始まった。今年のテーマ、プラハ年シリーズの五人の写真家中、最も重要な写真家だ。
フレクサレット (チエコ製二眼レフ)で撮影のプラハの人々は作者の哲学者としての深い洞察である。

ギャラリーバウハウスの緻密なプリントは視神経を楽しませてくれる。それはこれらの作品を撮影したのがチエコの二眼レフ、レフフレクサレットであるのもその理由の1つかもしれない。
ミロスラフ・クベシュはビビアン メイヤーと同様に最近の世界の写真界の新たな発見である。その2人が共通して66の二眼レフを使っていたと言うことも面白い。

ビビアンメイヤーは家政婦であってミロスラフ・クベシュは大学の先生であった。これは1種の偶然にして起こった暗合と言うべきであろう。その心は、どちらも「子供を相手にした職業」ということになる。だから結果として視神経の観察がより深くなるのであろう。

ミロスラフ・クベシュの写真集は2008年プラハから出版されている。これはプラハ市の経済的サポートがあって完成した写真集であると奥付に書いている。そこら辺がわが国と基本的に写真文化に対する認識の度合いが違うのである。

ミロスラフ・クベシュの作品集の表紙はこのようなものだ。この本を私が以前プラハの書店に見てそこに日本語のタイトルがついていることを不思議に思っていた。それは今回の写真展の前のトップバッターで、個展を開いたプラハ在住の写真家横山佳美さんの仕事になるものであった。

その写真集の表紙を見てうれしかったのは画面の左下のボーダーのところにF PAN 17 文字列を見たことだ。つまりこの画像はチェコのモノクロフィルムフォマでとられているのである。

それで思い出したのは1985年のことである。
当時の私はプラハに長いこと滞在してプラハの百貨店で膨大な数のFOMAのモノクロフィルムを買ったのであった。といってもたった300本ばかりであるが、それはデパートメントストアで買ったということが忘れられない。
当時のチェコスロバキアが統制経済であるから自由競争と言うものがそこにはない。それで安売り店は存在しなくて全国一律にフィルムも同一価格なのである。
逆にそういう時代が懐かしい。

ミロスラフ・クベシュの仕事を私から見ればこれは哲学者の網膜がプレクサレットを介してそこに開示ているというふうに見ることができる。

よく私が書いている事だがこの写真家は自分が置かれたその世界に驚き、それが一体何であるのかをカメラを通じて理解しようとしているのだ。
これが非常に重要なポイントである。

メルロポンテイの「眼と精神」などを読んでいるとこの現象学者が写真の可能性についてはかなり否定的なのである。一方で、ミロスラフ・クベシュのように哲学者が文章ではなくて哲学を写真で表現するというのはこれは大したパワーだと思う。

今見るべき写真展。

« 不機嫌なオナガドリ | トップページ | 戦前のレンズがいいなどという戯言 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30