フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

ロック ユー

« ヤグオクで売れのこりのライカM5 | トップページ | 十条仲原環七に面したすき家にポリスがきた »

2016年6月 9日 (木)

500円のカツと言う素敵な買い物

Image

写真展の準備で家から歩いて10分ちょっとのところにあるレンタルダークルームによく出かけている。
ランチは大抵すぐ近くの揚げ物屋さんで買ってくる。家族4人で経営しているお店だ。そこのカツ弁当というのが500円で揚げたてがなかなかうまい。結構良いコストパフォーマンスだと思う。

カツが300円のでそれにライスとキャベツとソースとからしがつくとトータルで500円になる。
ある日買い物をしていたらガテン系の青年がカツのあがるのを待っている。そのカツと言うのは私がランチで買っている参佰宴のに比べるとずっと大きくて存在感がある。

子供の時に何かの漫画で見た自分は肉が食べたいと思ったときの肉というのが、その漫画ではすごいボリュームで真ん中に骨が刺さっていたのである。肉食の欲望を漫画にしたようなのがそのにくのイラストであるとすれば、こちらはカツが食いたいと思ったイメージをそのまま実物にしたと言う感じがある。

お店のお姉さんにこれはなんですかと聞いたらそれは裏メニューであると言う。飲み屋等の裏メニューは知っていたが、こういうお店にも裏メニューがあるとは知らなかった。

何と言う名前の商品ですかと聞いたらその答えが面白かった。
500円のカツ
と言うのである。実に現代詩人な言い方であって表現がフラットであるのはすごく気にいった。その日は既に500円のとんかつ弁当を買っていたのでその500円のカツを別の日に買ってやろうと決心したのである。

東京が梅雨に入ったどんよりした日の午後にこれは500円のカツを買うには最適な日だなと言うことがわかった。銀座でエービーシー・マートで靴を買う用があったのでその途中にそのコロッケ屋さんによった。お店のお母さんに今日は遅かったですねと言われるほどの私は常連さんなのである。そのお店には制服のお巡りさんもやってきてやはりポケットから小銭を出して弁当を買ったりしているのである。
そのお巡りさんはもう長いことこのお店に通っているようでお店のお母さんに今日は遅かったわねなどと言われている。
私は数ヶ月の新参者であるがVIPクラスの扱いが非常に嬉しい。
500円のカツを2枚頼んで奥からご主人が出てきてそれをあげている間に家族でお話をしたのも面白かった。1970年からここで営業なさっているそうだ。

当時は町工場とか小さな事業所も多かったのでお客さんがたくさんきたが、最近はそれが全部マンションになってしまってここからよそに通って行くのでお客さんはかなり減ったそうである。
話を聞くとお母さんは私と同じ年齢なのである。

お母さんが魅力的なのはご商売をなさっているのに計算ができないということである。例えば500円のとんかつ弁当買って130円のサラダを買って千円札を出すと紙の上で筆算をしているのだ。
私も計算ができないので非常に近親感を持った。カツがあがって油を切っている間にまたいろいろな話ができて面白かった。
500円のカツ2枚でやはりお母さんは紙の上で計算するのかなと思っていたら千円というのはちゃんと暗算でできたのでなかなか凄いと思った。

今回の発見はカツはソースで食べるのではなく、塩で食べると非常にうまいと言うことである。とんかつ弁当だとお母さんがウスターソースをかけてくれるのでその味がわからなくなってしまう。だからカツは塩で食べるというのは何かウイーンでウインナーシュニッツエルを食べているのと同じ味がする。

« ヤグオクで売れのこりのライカM5 | トップページ | 十条仲原環七に面したすき家にポリスがきた »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31