フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 待ち時間自慢 | トップページ | 長徳カメラ熱第一回オフ会のご報告 »

2015年6月15日 (月)

お花がライフワーク

Image

Image_2

長年写真家をやっているがなかなか芽が出ないので他の職業に代わろうかなどと冗談を言っている。
フランスを、パリを撮影したアジエなどは売れない俳優から変身して写真家になって大成功した。
しかし私はこの年になって他の職業にはつけないから、まずは写真の題材を変えようなどと冗談を言っている。

そういうことになれば、お花写真家家か、石佛写真家になりたい。アマチュアの皆さんを指導してその写真クラブの名前は写壇太陽というのである。全員がベレー帽を着用してループタイをぶら下げていたりすればいかにも写真愛好家になりそうな気がする。

これは私の冗談にしても花に関しては興味を持っている。先日のパリ行きはロバートフランクの50年代の花に影響されて撮影に行った。しかしパリでは花もはや行重要な題材ではなくなって花屋の数が激減していたようである。パリジャンもパリジエンヌも花などを持たずに携帯を持って赤信号無視してサンジエルマンを行ったり来たりしているのだ。

稲垣タルホであったと思うが彼が書いた古い文書の中に、ロンドンの中心からちょっと外れたところに地元の人しか知らなこ小路があって、そこのマガキに赤いバラが咲くのである。それはささやかな楽しみではあるのだがその界隈の人だけが知っているささやかな秘密なのであると。

家の前に咲いているバラもそのような存在のバラである。住み始めて四半世紀経過してみると毎年1年間の感覚がどんどん短くなっていくのがわかる。
半年前に咲いたと思ったバラがもう咲いている。そしてもう枯れてしまって、手入れの行き届いた小路は普通の石畳に戻ってしまった。

« 待ち時間自慢 | トップページ | 長徳カメラ熱第一回オフ会のご報告 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31