フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 寂しいライオン | トップページ | 新小岩の中島商会 »

2013年11月27日 (水)

平和橋通りを行く

1

2_2

新小岩駅から歩き出してずっと北の方面に向かう一本道がある。 その名前を平和橋通りという。 その名前からしてどうも戦後になってから作られた道のようである。この通りは私の町歩きの歴史の中では、わりと新しい道である。 西暦2000年というから13年前の話だが、その時は北方から南のほうに向けて歩行した。 その翌日からベトナムはハノイに行く予定で、日本出発前に何か典型的だ日本の東京風景を見たいと思ったのだ。 それ以来外国に行く前の日になんとなく平和橋通りを歩くようになった。 この10月に10年ぶりに北京に行く前の日もこの通りを歩いた。 それが今回は北京から戻ってきて平和橋通りを歩いた。何か変な感じがした。 この長い通りの最大のランドマークは中川である。 その屈曲した流れの下流には橋が三つしかない。 空を大きく反射させて、川面はいつも静かである。 中川を渡る時、その橋の名前が平和橋であることに初めて気がついた。 脇に小公園がある。その公園の名前を探したら、平和橋児童公園とあった。公園は無人で初冬の日差しで汗ばむほどだ。 ウイーン時代には市電の駅からアパートメントに戻るのにドナウ運河を超えることを七年やっていた。その橋の名前がやはり、平和橋なのである。 一昨年、その橋を超えたら、改装されていて、鳩のモチーフが欄干にできていた。中川の平和橋もやはり、、鳩のモチーフである。 ベンチに座って、iPadで仕事をしようとしたが、明るすぎて画面が見えない。 11月下旬というのに日陰がない。 要するにこの光線は真冬のアテネの快晴にそっくりなのである。 仕事は諦めて平和橋通りをさらに北上した。 ペン5 17mm

« 寂しいライオン | トップページ | 新小岩の中島商会 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31