フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 北京のテイファニー | トップページ | ビテッサTを見直した »

2013年11月18日 (月)

月を相手に一杯やる

Photo_2

プラハのアトリエは天窓が沢山ある。月も見えるし、白鳥が群れをなして飛ぶのも見える。虹も見えるし、宇宙ステーションが横切るのも見える。

唯一の不満はそれが^自分の部屋から見える、ということである。
公園のベンチから見たいというのではない。

管理された中庭からこれを鑑賞するというのが贅沢である。四合院に暮らした、文人墨客にはその楽しみがあったことであろう。

四方を囲まれた中庭で見るのは「プライベートな月」である。プライベービーチも贅沢であるが、それを超えるのが「プライベートムーン」だ。

欧州にはウインターガーデンというのがある。狭い中庭を温室状態のガラス貼りにして冬でも寒風が吹き込まない。

あたしの五百年旅館には小さい中庭があるのだが、それがカラスの屋根ですっぽり覆われている。
先月はちょうど月が半月からだんだんに育って行くのが見えた。今月はそれより十日早かったが、滞在の後半に見事な半月が見えるので、それを相手にして一杯やった。

まことに贅沢の極みである。
酒は本来なら黄酒がいいのだが、手元にない。一方で白酒は強すぎるので、こういうシーンには合わない。
それで麦酒で月を相手にした。

★ペン5 40-150mm

« 北京のテイファニー | トップページ | ビテッサTを見直した »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30