フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 品川区大井町の光学通りに驚く | トップページ | 国際歌を歌う男 »

2013年11月 7日 (木)

787に乗る

Image
昨日の午後に北京に到着。
今度の北京行きには複雑な事情があった。ー最初はリスボンにゆくつもりでエアフランスの予約しようとした。理由はエアバスのA380にパリまで乗って、パリリスボンはエアバスのA319に乗るつもりだった。

つまり目的地より、そこへのお道具が目的なのである。
何か新しいカメラをてにして、そこで安心してしまって写真を撮影しないカメラ人類と似ている。

A380には一昨年の今頃乗って、その日がボジョレー解禁の日でまずいワインを飲まされた。今回乗れば二度目だ。
一方でまだ乗ったことのない飛行機のことを考えた。

例のバッテリーから火の出る飛行機にはまだ乗ったことがない。羽田から北京に飛ぶ21便がそれなので予約した。しかもリスボンにエコでゆくより北京にビジネスクラスでゆく方が安い。

あっという間に到着した。国内線感覚である。

787は乗り心地がいい。タービュランスでもカーボンが柔らかくしなるというより絶妙の乗り心地だ。室内が乾燥していない。このことはパーサーさんから聞いた。女性はそこらが敏感なのであろう。クリューに優しい787である。

知り合いが登場したばかりの青い航空会社の便に乗った。その顔本の写真ではキャビン内がアメリカの安いクラブの照明みたいなレインボーカラーで安っぽい。
モスクワ空港のラウンジの照明みたいなので、嫌だなあと思っていたら、赤い航空会社のは、普通の照明だった。

窓が大きくなったので座席のカクテルテーブルにペン5を置いて撮影した。ここにフルサイズカメラを置くと何か野暮ったいのである。というよりシャンペングラスを置くスペースが無くなる。ペン5で撮影を楽しんで、一人でほぼボトルを飲み尽くした。

« 品川区大井町の光学通りに驚く | トップページ | 国際歌を歌う男 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30