フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 朝日新聞読書欄。屋根裏プラハ。 | トップページ | アローカメラ 我楽多屋さん新装開店 »

2012年3月19日 (月)

佃名物ボケコッコさま(ボクちゃん)のご近況について

P3142245

P3142246

もっぱらこの数年、佃名物ぼけこっこが話題になっている。

その鳴き声はなかなか素晴らしい。実際にボケコッコー!と聞こえる。音程は音階で言えば「ドミミドレー」である。

以前タワーの37階に居た当時は、窓がボケコッコ側であったので、朝夕に良く聞こえた。それが7年来、タワーの反対側になってから部屋からは、ボケコッコの声は聞こえない。

先週、早朝7時半ころに、ぼけこっこーさまのお社の前を通過したら、お散歩中であった。脇に女子の先生がいらしたので、いろいろお話を聞いた。

ボケコッコーは週末は居ないのである。これも不思議であったが、女先生が持ち帰って飼育しているのである。もうご高齢なので、大事にしているわけだ。

三年前ほどになるか、やはり昼間にボケコッコが庭で散歩なさっていたので、脇にいたおじさんに話を聞いた。

ボケコッコのお名前は、大きいほうが、ボクチャンで小さい方がなんとかちゃんと聞いた。ところがそのあと、二羽いる筈のんぼけこは一羽しかいないのが、不死具だった。

昔のドクタースランプあられちゃんで、食いつきがっちゃんなる生物が居て、確かこれはツイン、二匹であったと記憶するが、にわにわにわとりがいます、の例もあり、腑に落ちなかった。

女先生によれば、その一羽はがんでなくなったそうである。これで積年の謎がとけた。一同合掌。

われわれの間では、ボケコッコさまは、商売繁盛、無病息災、大願成就の神様である。一度はそのお社の前に、お賽銭箱を置こうという話になって、あたしは笠間稲荷まで賽銭箱の選定に出かけたこともあった。

しかしこの計画は実現はしなかった。

最近のボケコは夏は葦簀、冬はビニールの二枚張りでそのお姿がなかなか見えない。まず高貴なボケコッコさまであらせられるから、御簾内に居られるのが正しいのである。

« 朝日新聞読書欄。屋根裏プラハ。 | トップページ | アローカメラ 我楽多屋さん新装開店 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31