フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 佃名物ボケコッコさま(ボクちゃん)のご近況について | トップページ | 世界最大のデシケータと宇宙最大の「ネカ」 »

2012年3月20日 (火)

アローカメラ 我楽多屋さん新装開店

P3152307

四谷荒木町のアローカメラは、今般、1階から2階に移転した、

さっそく見学に行った。これが案外に具合が良いのである。もともと、カメラの部品とか時代遅れのレンズというモノはかなりマニアックな存在であるからして、お店が入り易い必要はない。

マンハッタンの老舗の中古カメラ屋さんなどは、全部、ビルの上の方にある。そこまで、エレベータで上ったり、階段を踏みしめたりするのが、日常世界から、非日常世界にワープ感覚があってわくわくするわけだ。

この20年来、我楽多屋で数多くのがらくたを買った。その中の記憶に残す銘品をあげて見よ、と言われれば、まずは英国の高級4x5カメラである、サンダーソンがある。倫敦の骨董市で10万円で買って帰国した翌週に、たしか2万円で出ていた。これはかなり前のことで、我楽多屋で買ったそのサンダーソンのを紙袋に入れて、路穂、四谷のJALホテルで森山大道さんにあって、用意のリコーGR1をお渡ししたのである。

ニッコール6,5mmf1.8という、プロ用映画機材の超広角レンズがまとまって出てそれを半ダースほど一度に買ったのもかなり前のことだ。

最近では$OS RSの元箱付きをやはり破格の価格で買った。

他にはセルフタイマーを一挙に何十個も「大人買い」したり。関式露出計発掘したり、ようするに普通の流通の範囲から逸脱いている「逸品」を探すには、このお店は格好な「猟場」なのである。

一番最近買ったのは白いチエキを一度に三台も買った。これは磨いて遊ぶのではなく、ちゃんと撮影して「遊ぶ」為なのである。

我楽多屋が2階に移動したので、元祖カメラ買い取り名人の「買い取りオフィス:」は同じフロアになった。

この間。その距離を実測してみたら、なんと「たったの三歩」なのである。

こういうのは「勤棲一致」ではなく「売買一致」とでも言うのであろう。

« 佃名物ボケコッコさま(ボクちゃん)のご近況について | トップページ | 世界最大のデシケータと宇宙最大の「ネカ」 »

ごあいさつ

  • Note新ブログのお知らせ
    新ブログのお知らせ お世話になっております。2018年11月27日より tanakachotokuカメラノートがスタートしました。スポンサーに頼らないIndyなカメラストーリーです。
  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31