フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« スローな「ブギ」のロボット | トップページ | 薄くてちっちゃいレンズは、セクシーであるという事実 »

2012年3月 9日 (金)

フリーアドレス

P3032139

ヒルズの49fで仕事をするようになって、あれはヒルズが出来た年からここに居るのであるが、それが何時であったのかもすでに忘れてしまった。

しかしながら五年以上前に出したChotoku X Roppongihillsという、あたしの個人的なヒルズガイドでは、その中の写真がまだ建設以前で更地になっていた、防衛庁の跡地、すなわち東京ミッドタウンがまだ存在しなかった時代に、ヒルズの50階から眺めた写真が掲載されているのだから、これは大過去なのである。

開館当時のヒルズのオフィスは49fと50fのメゾネットであった。50階には立派なバーがあってこれはセルフサービスであったが、アルコール類だって揃っていた。上のクラブに伴った、元フェラリーのメカニックさんが、あたしはクラブで安いワインを飲ませたので、ちょっと判然としないまま、生酔いで50階に戻ってきた。そのバー(飲み代が会費にすでにはいっている)に、マルゴーのそこそこのがあって、飲み直したこともある。彼はワイン通なのだ。

その50階に行くのには、ライブラリオフィスの中にある階段を登るのだ。これが長い時間の座りっぱなしからの、良い運動になった。

われわれはこの階段を「天国への階段」と呼んでいた。しかしこの天国時代は最初の3年ほどであって、やめになった。なんでも真夜中に大勢で騒いだ連中がいたのが、天国崩壊の理由と聞いたが、本当のことは分からない。

今でも飲酒は禁止ではないけど、あの当時の空気はなくなって、皆さん真面目に仕事している。

上の座席はあたしの好きなシートである。飛行機にプリファランスシートと同様に好みの座席が決まってくる。

しかし本来、フリーアドレスであるから、座席は席替えのある方が本来は望ましいのであろう・

« スローな「ブギ」のロボット | トップページ | 薄くてちっちゃいレンズは、セクシーであるという事実 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31