フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« ホールドグリップは案外によさげ | トップページ | ライカ型録1931年1月 »

2011年5月31日 (火)

ビオター75mm f1,5にオリンパスのレンズフード

Photo

本日、木村伊兵衛先生のご命日。
ならびにあたしの誕生日。64歳。

プラハの2週間の間に一度だけカメラ店に行った。
その理由は上のビオター75mm ff1,5のフィルターとフードを探しにいったのである。プラハはクラシックな東欧カメラをみつけるには恰好の場所だけど、実用の中古というのは案外に発見は困難である。

アトリエでまずフィルター径を計ったら、55mmと出た。これがちょっと意外な感じがしたのである。1940年代のツアイスはまず40,5ミリが普通であるから55mmというのはかなりの大口径になる。

なにしろこういうレアレンズは「カメラ人類文化遺産」であることくらいは自分でも分かっているので、自分の手元にある間には絶対に傷を付けないようにしようというのが、我が任務である。
ここらが最近のデジタルレンズとは違いますね。デジカメレンズの寿命は長くて三年であるから、それを孫子の代にまで伝えようという気分は皆無である。

それに対して、ビオター75mm ff1,5はそれが登場した時から数えて孫子の代というのが実は現在なわけだ。
プラハのフォトシュコダにはこのレンズの兄貴分のビオター100mm ff2というのがある。これは戦前のエキザクタ66用である。革でカバーされ、CARL ZEISS JENAの金文字の入った立派なキャップが付いているが、これにレンズが付いているのだから「単品売り」はしない。

あたしは実用主義であるから、それよりも保護の為のフィルターとフードを手に入れようと思ったがそれが果たせなかったのがプラハだった。これには1度しかカメラ店に行かなかったという理由もあるけど、今回はアトリエで雲を見たり星をみたり人工衛星を追ったりするのが多忙であったのだからそれは仕方ない。

帰国して翌々日はシドニー(アローカメラが毎週第四土曜の午後2時から開催のあたしのトークでもう十数年開催。入場無料)だったので、二代目さんにフィルターを探してもらった、幾つか選んでもらった中から55MMの径のなるべくクラシックな感じのを選んだ。Toshibaの60年代のやつにした。

次はレンズフードである。全体のバランスを考えて選びに選らんだ最後の一個がこれであった。これはねじ込み式ではなく、締め付け式なので絞りの指標の位置に締め付けのノブを持って行くと、指標代わりになって見やすくなる。
なかなか気に聴いたビオター75mm ff1,5専用のフードなので感心して、どこのメーカーのフードかと思ったらこれがオリンパス製であった。
思うにペンデジタルの常用ズームのフィルター径は40,5MMなのである。これは系統からすればツアイス系統になるわけだ。

実にバランスの良いレンズフードが手に入ったので、後はもう「撮るだけ」だな。

« ホールドグリップは案外によさげ | トップページ | ライカ型録1931年1月 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30