フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« マンハッタン 路上のライカインコ | トップページ | エプソンR-D1が一向に陳腐にならないのは何故だろう? »

2011年4月 8日 (金)

サクラサク

1

2

あたしの場合、春の到来を感じるのは桜ではなく、ネコヤナギの芽ぶきだ。
ウイーンでは復活祭の飾り物として、ネコヤナギにイースターエッグを飾る。この前、ニューヨークはミットタウンはパークアベニューでおばさんがネコヤナギの枝を持っているのを見て、非常に春を感じた。

桜は単にバラ科の灌木の花という感じしかないのは、あたしの青春期が日本精神とは無縁なウイーンで8年も過ごしたことにありそうだ。

その桜感覚のマイナスと補正するかのように、毎年、この時期になると、住まいの真下がこういう状態になる。花見客が夜遅くまで騒いだりするので、そこらへんはうれしくもないが、また春が巡ってきたという実感はある。
この角度から見ると、隅田川の水面が桜のバックになるので、これは視覚的には妙である。南蛮絵屏風がそのままに展開しているカメラアングルだ。

カメラはペンライト2 上はノボフレックス135mmのレンズで下はズイコー9-18mmの望遠側で撮影。

« マンハッタン 路上のライカインコ | トップページ | エプソンR-D1が一向に陳腐にならないのは何故だろう? »

ごあいさつ

  • Note新ブログのお知らせ
    新ブログのお知らせ お世話になっております。2018年11月27日より tanakachotokuカメラノートがスタートしました。スポンサーに頼らないIndyなカメラストーリーです。
  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31