フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 真面目なキヤノン | トップページ | シカゴの石元さんのミノルタ »

2011年2月20日 (日)

極楽荘

Photo

2

3

プラハやウイーンに居る時に何時も想像する極東の大都会の風景は南千住とか北千住それに赤羽界隈である。

ああいうシュールな街というのは欧州ではちょっと作ることが出来ない。都市計画などの重力の限外で、見えざる混沌の風景を司る神がそういう極東の風景を見えざる手で創造しているのだ。

三ノ輪橋の都電の終点界隈というのは、最近は地方から来る人の観光のスポットになっているようで、JTBの旗をもったおばさんが「はい!皆さん、お揃いですか?」などと都電を降りてきた中年の数人の男女を整列させたりしている。係りの人は電車には乗らずに、三ノ輪橋で下車してお客を拾って、それから死の行軍をさせたり下町の食いもん屋に送り込むという段取りのようである。

電停からちょっと南に下がった左手にかなりの空き地がある。なにしろ建て込んだ街並みがこのあたりの魅力のひとつでもあるわけだが、それがいきなり空き地になるので重力の磁場が変化しているような感じ、あるいはそこが前衛劇の舞台面のようにも見えるのが妙である。

その空き地の先に建っている二階建てのボロアパートの扁額は「極楽荘」と読める。この名称に参ってしまった。こういう処に棲んでみたい。2週間でいい。ここから山谷の大林に通ってその行き帰りにそこらの銭湯というのは理想な暮らしだと思う。

さらに注意すると、空き地の右手に稲荷のあかい鳥居が重なっている。その鳥居は空き地の方が参道になっていて、社は通行人で雑踏する小路には背を向けているのである。普通の参拝者なんて相手にしてません、との意志表示があってこれも感じよい。「伊勢屋稲荷と犬の糞」というが商家などでは敷地の中に稲荷をまつってそれが一般の通行人向けの稲荷ではないのだから、このパブリックに背中を向ける稲荷はトラッドである、という見方もなりたつ。この門の閉じることなし。では駄目なのだ。

しかも二枚目のような、不心得者へのワーニングがちゃんと表示されている。これはかなり怖い。何が怖いかと言うと、赤いラッカーのはげているのが怖いのだ。東京の周辺部を何万時間も徘徊しているあたしに言わせると、怖いのは赤ペンキの褪せた看板である。その理由は不明ながら、深層心理で鬱屈したものがあるのだと思う。根岸の中村不折のミュージアムには中国から持ってきた石仏が並んでいる。その中にやはりワーニングの札があった。この警告は上の極楽荘稲荷とは逆の表現である。すなわち「触っても御利益はありません」というのである。これも含蓄のある言い方だ。

極楽荘の先にある「支え合って建っている建物」はもう存在しないと思っていたら、今回まだ健在だった。しかもちゃんと塗装が新しくなっている。

これも立派な文化財だ。まず日本のマニエリズム建築と言って間違いはなかろう。

« 真面目なキヤノン | トップページ | シカゴの石元さんのミノルタ »

ごあいさつ

  • Note新ブログのお知らせ
    新ブログのお知らせ お世話になっております。2018年11月27日より tanakachotokuカメラノートがスタートしました。スポンサーに頼らないIndyなカメラストーリーです。
  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31