フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« フレクサレットでプラハ大周遊 | トップページ | 平壌のクラシックなアリフレックス »

2010年10月15日 (金)

白か、それとも、黒か!?

03

01

★プラハ在。

おかげさまで、「カメラは知的な遊びなのだ」(アスキー新書)の立ち上がりは好調である。これから年末にかけて、あと3冊の本が出る予定だ。

ひとつはこのカバーのテスト判(色校正の時に最終的に決定)の「ライカワークショップ」(えい出版社)である。この数年来のライカの問題点を洗い出した、あたしのライカ本の最終便である。以前からライカM9に関しての質問が多かったので、ライカM9のフィールドテストも口絵作品入りで登場する。ほかにM8-2も登場する。要するにM型ライカのフィールドで今まで、手をつけていなかった「デジタルライカM」に関するワークショップである。

その内容は11月11日に見ていただくとして、編集部からカバーのテストが送られてきた。これを見て痛感するのは、ライカはやはり「画像が絵になる」ということである。なにかライカを手にするとそのままHCBなみのスナップの天啓がひらめいてそのまま大芸術家になれるような気分だ。それは錯覚なわけであるが、錯覚であろうがなかろうが、たとえ、一時であってもこの苦界でカメラ人類を幸せにしてくれるのは大した効用であると思う。

« フレクサレットでプラハ大周遊 | トップページ | 平壌のクラシックなアリフレックス »

ごあいさつ

  • Note新ブログのお知らせ
    新ブログのお知らせ お世話になっております。2018年11月27日より tanakachotokuカメラノートがスタートしました。スポンサーに頼らないIndyなカメラストーリーです。
  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31