フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« カスタマイズされたGRD3 | トップページ | 高倍率ズーム強化月間 臨時増刊号 白オケが半ダース »

2010年7月14日 (水)

日本税関のステッカー付きライカケース

6 5

★知らない間に740万ページビューっを超えてました。ありがとうございます!

★最新のtwitter 掲示板はこちら。 chotoka

このライカのセットケースは20年以上前に新宿のピンホールで買った。その表面にこのような赤と青の対角線の真ん中に赤い丸のステッカーが貼ってある。

これが何であるか、知らない人が多かろう。
これは日本税関のマークなのだ。
おそらくもう使われていないかも知れない。あたしもこれが税関のマークだとは知らなかった。四半世紀前に新潟に行った。そこで旧税関のいろいろな展示を見たときに、いわゆる和船なのだけどその舳先にこのマークがついていた。これは税関の船なのである。おそらく明治時代のものと思われる。そのままずっと忘却していたのが、ああ、これであったと思い出した。

このシールには神戸税関とある。戦前のライカの上陸地点としてこれ以上に格好な場所はほかにはあるまい。

手に入れたとき、すでに中は改造されて、新しく135mmレンズを固定するバンドなどが付いていた。手元に当時のライカの総合カタログがないので分からないが、ふたの裏側には、距離計を固定するはさみもついているから、これはC型かスタンダード用であろう。距離計を格納して、同時に135mmとなればスタンダードかC
型になる。
この手のライカのセットケースは長年見ているが、不思議なのはいずれも長いストラップの付いたのは見たことがない。手提げ用の短いストラップばかりである。ただしこれだとライカを手にした時に撮影は不可能である。簡単に延長用のストラップを付ければ良いのだけど、そのシンプルな革のストラップそのものが最近では手に入らなくなった。
人間の手は二本だから不便だ。

« カスタマイズされたGRD3 | トップページ | 高倍率ズーム強化月間 臨時増刊号 白オケが半ダース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596219/58556631

この記事へのトラックバック一覧です: 日本税関のステッカー付きライカケース:

« カスタマイズされたGRD3 | トップページ | 高倍率ズーム強化月間 臨時増刊号 白オケが半ダース »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30