フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« セコニックスタジオの元祖 | トップページ | ライカM8夏期大演習4日め »

2010年7月23日 (金)

ライカM8夏期大演習3日め

L999124018

★7/19のココログ総合アクセスランキング82位でした。ありがとうございます!

★最新のtwitter 掲示板はこちら。 chotoka

えむはち大演習の三日目。

前の作例と似てるかも知れないが、その理由はこの前の海の日を挟む三連休にあたしは佃の大ガラスの部屋にずっと座りっぱなしであったからだ。前のと同じように見えるが、これは「珠」が異なる。前回のはスーパー暗愚論であったが、今回のはキヤノン19mmf3,5である。これも有名な癖球であって、以前、坂崎さんや片岡義男さんと雑誌東京人の小特集で、神楽坂を撮影した時、坂崎さんはこの19mmを持ってきた。このレンズはそのゴーストが凄いので、業界では有名であるが、坂崎さんはその幽霊画像レンズを使いこなしていたので感心した記憶がある。

このレンズはもともと、キヤノンFTとかに、ミラーアップして使った。ミラーアップの出来ない、キヤノンペリックスには、これもキノコのような前珠の大きなレトロフォーカスレンズがあった。性能は無理のない、ミラーアップタイプの方が良かったと記憶する。なにしろ、フィルムで撮影するとへんてこな色合いになったりする。それがM8で撮影して、ちょっとだけ「ふぉとしょいしょい」で画像をいじくったら、なかなか見栄えのするようになった。大したものである。

しかも、sa案愚論21mmではTTL測光の出来なかったのが、このレンズではちゃんと測光ができる。それで40数年ぶりに名誉回復した。なにかスターリン時代の名誉回復みたいで、ソ連っぽい感覚があるなあ。

M8のスタイルが体内脂肪多そうなデザインだから、このレンズの大柄感覚はなにやら、マッチするのである。

 

« セコニックスタジオの元祖 | トップページ | ライカM8夏期大演習4日め »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30